トップ>文献・情報探索>帝京大学文学部紀要>日本文化学

帝京大学文学部紀要 日本文化学(ISSN 1349-7588)

2014年度より「帝京大学研究・教育リポジトリ」(機関リポジトリ)が本格稼働いたしました。
http://opac.main.teikyo-u.ac.jp/t-repo/

このページに収録されている論文は全てリポジトリで閲覧可能です。
■帝京大学文学部紀要 日本文化学
https://opac.main.teikyo-u.ac.jp/t-repo/catdbl.do?pkey=TA40105072&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

このページは順次、機関リポジトリへリンク変更させていただき、変更完了後は 削除いたします。

お気に入りなどにご登録されている場合は、機関リポジトリに変更していただくよう
お願いいたします。

第32号(2000年度)

(898KB)

※1冊分がひとつのPDFファイルに収録されています。PDFマークをクリックしてご利用下さい。

※ファイルの容量が大きいため、表示までに時間がかかることがあります。

第33号(2001年度)

表紙
目次
法進撰「沙弥十戒并威儀経疏」の字音注について(一)
白藤禮幸
5
紫野の贈答歌
-新しい宮廷文化としての恋歌-
木村康平
55
源氏物語と平中説話
-末摘花巻の構想と主題 -
鈴木宏昌
87
『鉢かづき』の古本と版本の本文研究 続
岡田啓助
113
千代倉家日記抄 二十三
- 宝暦八年~九年 -
森川 昭
157

第34号(2002年度)

表紙
目次
巻頭 「書」
小木 良一(太法)
  
法進撰「沙弥十戒并威儀経疏」の字音注について(ニ)
白藤 禮幸
5
初期万葉以前の万葉歌
―雄略御製を中心に
木村 康平
29
千代倉家日記抄 二十五
―宝暦十一年(和菊)~宝暦十二年(亀世)
森川 昭
 61
執筆者紹介・編集後記・奥付

第35号(2003年度)

表紙
目次
巻頭 「書」
小木 良一(太法)
 
万葉歌人「中皇命」研究
木村 康平
5
『文藝臺灣』(臺灣文藝家協会版) 細目
堤  玄太
57
人情本論(五)
―『玉散袖』前編(上)
棚橋 正博
73
千代倉家日記抄 二十七
宝暦十四年(亀世・和菊)~明和二年(和菊・学海)
森川 昭
107
執筆者紹介・編集後記
奥付

第36号(2004年度)

表紙
目次
巻頭 「書」  
岡本 直人(梅山)
 
山上憶良『類聚歌林』について
木村 康平
5
瀬戸内水軍と対馬
岡田 啓助
49
『参考蒙古入寇記』所引の「八幡愚童訓」について
小野 尚志
75
「開通褒斜道刻石」の一考察
岡本 直人
137
人情本論(六)
―『玉散袖』前編(下)
棚橋 正博
159
千代倉家日記抄 二十九
明和四年(和菊・学海)
森川 昭
189
執筆者紹介・編集後記
奥付

第37号(2005年度)

表紙
目次
巻頭「書」  
岡本 直人 (梅山)
 
背筋が寒くなる
坂梨 隆三
5
『往生要集』と浮舟の出家
鈴木 宏昌
  33
千代倉家日記抄 三十一
―明和八年(学海).安永二年(和菊・学海)
森 川  昭
  97
石黒忠悳滞欧書簡抄
中井 義幸
183
執筆者紹介・編集後記
奥付

第38号(2006年度)

表紙
目次
人麿と赤人
中 井 義 幸
1
額田王「三輪山の歌」
   ―その二つの形について
木 村 康 平
  33
常用漢字字體考(一)
岡 本 直 人
71
千代倉家日記抄 三十三
   ―安永五年(学海)
森 川  昭
97
人情本論(九)
   ―『明烏後正夢』三編(下)
棚 橋 正 博
133
(資料紹介)
佐藤惣之助『處女線を截る』(第二十七回~第六十八回)
堤 玄太
185
忘れられた英国人剣士
アレキサンダー・ベネット
314
執筆者紹介・編集後記
奥付

第39号(2007年度)

表紙
目次
千代倉家日記抄 三十五
    ―安永八・九年(学海)
森 川   昭
人情本論(十一)
    ―『明烏後正夢』五編
棚 橋 正 博
105
常用漢字字體考(二)
岡 本 直 人
148
「宗教と教育」論の死角
    ―日本の各宗各派と通信教育
濱 田   陽
167
The Enigma of Minority Rights in Japanese Society:
A Critique of Status Change in the ‘Zainichi Korean、Diaspora

(日本社会の少数民族人権の謎―「在日コリアン」ディアスポラに
おける身分変化過程の考察)
アレキサンダー・ベネット
マイケル・石松プライム
232
執筆者紹介・編集後記
奥付

第40号(2008年度)

 
表紙
目次
人情本論(十二)
   ―『明烏後正夢』六編(『寝覚繰言』初編)
棚 橋 正 博
1
兵学者名倉信敦の幕末海外見聞 
森 田 吉 彦
45
明治六年の旅 
森 川    昭
83
勝諺蔵の歌舞伎『西国三拾三所 観音霊験記』
   ―趣向と題材 
細 田 明 宏
179
常用漢字字體考(三)
岡 本 直 人
216
執筆者紹介・編集後記
奥付

第41号(2009年度)

 
表紙
目次
江戸文学の多様性
―「肉附きの面」を通して見る
延 広 真 治
1
明治七年の旅
森 川   昭
45
常用漢字字體考(四)
岡 本 直 人
83
日本十二支考〈寅〉
濱 田   陽
179
日本人の非日常と日常に棲息する虎たち
― 日本十二支考〈寅〉生活文化篇
濱田 陽・李 珦淑
216
執筆者紹介・編集後記
奥付

第42号(2010年度)

 
表紙
目次
千代倉家日記抄 三十九
  ― 寛政二年・三年 ―
森 川   昭
1
「せ゜」について 
坂 梨 隆 三
125
日本十二支考〈卯〉
濱 田   陽
141
うさぎたちと日本の近現代
  ― 日本十二支考〈卯〉生活文化篇 ―

濱田 陽・李 珦淑(イ ヒャンス)
169
文楽人形遣いの修業と配役
  ― 後藤静夫氏に聞く文楽の制作 ―
細 田 明 宏
185
18世紀~19世紀のロシアで行われた貴族の決闘と名誉
コルネーエヴァ・スヴェトラーナ
244
執筆者紹介・編集後記
奥付

第43号(2011年度)

 
表紙
目次
藤原佐理筆書状の書風に関する考察
福 井 淳 哉
1
日本十二支考〈龍〉
濱 田   陽
69
日本十二支考〈龍〉現代文化篇
 ―東アジアにおける日本の龍と現代文明―

濱田 陽・李 珦淑(イ ヒャンス)
97
文楽式人形操法における「情」の表現とカシラの演技
 ―八王子車人形における操法の使い分けを手がかりにして
細 田 明 宏
113
執筆者紹介・編集後記
奥付

第44号(2012年度)

 
表紙
目次
能書・藤原佐理像の形成と変遷
福 井 淳 哉
1
講談と浪花節の『壺坂霊験記』
細 田 明 宏
35
日本十二支考〈蛇〉〈馬〉〈羊〉
濱 田   陽
113
日本十二支考〈蛇〉〈馬〉〈羊〉現代文化篇
濱田 陽・ 李 珦淑 ( イ ヒャンス )
171
医療現場における方言使用
中 沢 紀 子
210(1)
執筆者紹介・編集後記
奥付
Last Updated:2013.8.23