学生による授業コンサルティング|センター活動


帝京大学SCOT(新旧メンバー)、ユタバレー大学SCOT、ブリガムヤング大学SCOT




平成27年度SCOTシニア



渡部明日香(SCOTコーディネータ/文学部心理学科3年)
新年度になり、新しいSCOTシニアも2名増えました。新しい仲間と協力しながら、前年度までの経験を活かし、より一層充実した活動を目指します。より良い授業作りのお手伝いができるよう努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


吉川竜也(SCOT副コーディネータ/文学部社会学科3年)
大学で「何を」「どのように」学ぶべきか、という問いは難しく、決まった答えがあるものではないと思います。SCOTシニアとして、教員と協働することで、大学での学びがより一層充実するように努力していきます。


増田佳奈美(SCOT副コーディネータ/外国語学部外国語学科2年)
これまでのトレーニングで学んだことを生かし、SCOTシニアとしてより積極的な姿勢で今後の活動に臨んでいきたいと思います。そして、学生の代表としての責任感を持ち、先生方とともに大学の授業改善に取り組んでいきたいと思います。よろしくお願い致します。


福田千鶴(法学部法律学科4年)
私はSCOT活動をしていく中で数多くの知識・経験・能力を身に着けてきました。コーディネータとしての経験をこれからは副コーディネータとして後輩にも伝えていき、日々の努力と技能の質の向上を続けていきたいと思います。


畑ひとみ(文学部社会学科4年)
これまでのSCOTプログラムを通し、先生方や所属学科、学年の異なる学生たちと接することで視野を広げるだけでなく、自分自身を見直す機会をいただきました。経験から得た学びを生かし、自分の成長をSCOTプログラム、そして授業支援に還元したいと思います。


斎藤博史(経済学部経済学科4年)
四年生になり、今まで学んできたことを振り返りました。もう一度原点に返ると共に今までにSCOTで学んできたこと、成長してきたことを発揮し良い影響を与えていきたいと考えています。残り一年悔いの残らないように活動していきたいです。


須賀愛加(教育学部教育文化学科3年)
SCOTシニアとして活動して1年が経過しました。今年新たに加わったSCOTシニアと共に、先生方により良い授業をしていただけるよう、お手伝いをさせていただきたいと思います。SCOTとして自覚ある行動をしていきたいです。


田中佑樹(教育学部教育文化学科3年)
積極性と向上心を忘れず、SCOTメンバーと協力して充実した活動を行いたいと思います。また、「良い授業とは何か」を常に考え、学び続けることでSCOTとして、学生として、成長していけるよう努力していきます。よろしくお願い致します。


渡辺淳之助(教育学部教育文化学科3年)
教育とSCOTの繋がりと学生目線をより意識していきたいです。またこれから活動が幅広くなってくるので、基本に忠実を忘れないようにし活動をしていきたいです。


学生による授業コンサルティング(SCOT)とは

  1. SCOTとは、希望する教員に対して、教室内活動に関する情報を収集して提供するプログラムです。
  2. このプログラムは、大学教育の質の向上と教室内活動を学生の視点から提供するもので、授業と学習に関心をもつ学生によって行われます。
  3. SCOTになるには、帝京大学に設置された高等教育開発センター(Center for Teaching and Learning:以下、CTL) で有益な情報を教員に提供できるように、シラバスとはどのようなものかなど、FDに関するトレーニングを数週間受けなければなりません。