ご挨拶

高等教育開発センターの開設にあたって

学長ご挨拶

本学のFD 定義のもと、学生一人一人の「自分流」の実現を目ざします。

帝京大学では、建学の精神に基づいた教育理念である「自分流」を学生たちが身につけられるように、主に文系学部を擁する八王子キャンパスでは学部・学科、研究科等の委員会によるFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動を通して、これまで授業改善等に努めてきました。

平成23年4月、新たに本学の八王子キャンパスに高等教育開発センター(英文名称 Center for Teaching and Learning, Teikyo University)を設置し、本学におけるFD活動のさらなる充実を目ざすことになりました。平成20年の大学設置基準の改正によるFD 義務化以降、各大学ではさまざまなFD への取組みが行われていますが、そこでの活動は大学がどのような学生を育て、社会に送り出すか、大学としてのディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)が反映されたものでなければなりません。
そのような認識のもとに、高等教育開発センターでは、「教職協働」「学生参画」を基盤に、教学全体の改善を推し進めたいと考えています。

高等教育開発センターが、本学の教育の質向上を目ざした活動を着実に展開するとともに、国内外のFD組織、地域とも連携したより実質的で効果的なFD活動の企画・実践のみならず、日本の大学教育の質向上に資する調査・研究および情報発信も行う組織として幅広く活動することを大いに期待しています。
高等教育開発センターのご支援・ご協力をお願い致します。

メッセージ動画を再生

FD定義
本学におけるFDとは、建学の精神および本学独自の教育理念・教育指針のもと、学部・学科、研究科等の教育目標の実現を目指して行われる、個々の授業やカリキュラムの改善、及びそれらを推進するための組織や教育環境の整備等について、教職協働、学生参画を基盤とする組織的、継続的な検証・改善に向けた取組の総称である。

帝京大学理事長・学長 冲永佳史

メッセージ動画を再生

帝京大学理事長・学長冲永佳史

センター長ご挨拶

帝京大学高等教育開発センターについて

大学全入時代を迎え、大学の教育も従来とは大きく変わりつつあります。大学設置基準は、教員に研究も教育もできる能力を求めていますが、どうしても研究に偏る傾向があります。そこで、平成20年春、文部科学省は、大学に対し、教員の授業内容や方法を改善するための組織的な取組み「ファカルティ・ディベロップメント」(FD) を義務づけました。その背景には、学生の学力低下や多様化に教員が十分に対応できていないとの批判もあります。

帝京大学の主に文系学部を擁する八王子キャンパスのFD活動は、これまで各種委員会を通して、授業改善等に努力してきました。とくに、本学の建学の精神に基づいた教育理念である「自分流」を学生たちが身につけられるように支援をしていますが、平成23年4月、八王子キャンパスに「帝京大学高等教育開発センター」(英文名称 Center for Teaching and Learning, Teikyo University)を新たに設置して、さらに一層の充実を図ることにしました。高等教育開発センターは、その英文名称のように、教員の授業改善と学生の学習改善を軸に活動していきます。そのため、高等教育開発の専門家を配置して、国内はもとより、海外のFD活動と連携するために客員教授制度を設けています。

高等教育開発センターは、高等教育における教授法、教育課程、教育評価等の教授システムに関して調査・研究すること、ファカルティ・ディベロップメント(本学に所属する教職員が教育の質的向上を図るために学生の参画も得て組織的に取り組む活動)を推進することを目的とし、とくに、教育の質を向上させる活動の特徴として、学生の視点に立った授業改善、教員の授業改善のためのポートフォリオの導入・活用、初任者研修などに力を入れていきたいと考えています。

このホームページでは、高等教育開発センターの活動内容について情報を共有・公開し、多くの教育機関・団体などと交流・連携しながら、発展・展開していきたいと考えております。

メッセージ動画を再生

メッセージ動画を再生

センター長土持ゲーリー法一

</nofram es> <!-- /Footer --> </div> <script type="text/javascript"> var _gaq = _gaq || []; _gaq.push(['_setAccount', 'UA-24805040-1']); _gaq.push(['_trackPageview']); (function() { var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true; ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s); })(); </script> </body> </html>