FDニューズレター

「FD活動にみるアメリカの大学教育:私の経験から」

帝京大学FDフォーラム 基調講演 6/27/2011 経済学科 松井範惇

1.若干の自己紹介

  1. 1977-83: Graduate Teaching Associate at the Ohio State University, Columbus, OH
    創立 1870年、学生数46,500 (うち、院生約8,000), 教員数約3,000
  2. 1983-99: Kenyon College, Gambier, Ohio (1824, 1600 students, 160 faculty)
    Denison University, Granville, Ohio (1831, 2160 students, 210 faculty)
    Earlham College, Richmond, Indiana (1847, 1200 students, 100 faculty)

2.FDとは何か

  1. a. 文部科学省:「教員が授業内容・方法を向上させるための組織的な取組の総称」
  2. b. 一般的な定義:
    広義のFD
    :大学教員の資質・能力の向上。研究や人生設計をも含む全体的な職能開発。
    つまり、AP. CP, GPにかかわるもののすべて
    狭義のFD
    :大学教員の教育能力の開発と向上。
  3. c.
    内容
    :新任教員研修会、一般的な教員研修会
    教員の授業参観、教員による授業評価、授業検討会
    FD講演会、委員会やセンター等の設置、その他の学内組織の設置
    「隔靴掻痒」(松井の感想)
    「単位の実質化」、「講義・授業の改善」、「教育能力の向上」、「成績評価の厳正化」これらの言葉が “空疎、虚ろ” に響くのは、なぜでしょうか。
    1. 各項目が別々で、システムとして機能していない。
    2. 教員にも学生にも、インセンテイブがない。(だから、「何とかしてお茶をにごす手はないか」と考える)
    3. 結果が見えない。

3.国際開発における知の位置付けと知識経営論

PISA, OECD高等教育部門:

コンピテンシー:(定義)知識や技能だけでなく、自発的にさまざまな心理的、社会的なリソースを活用し、特定に文脈の中で複雑な課題に対応できる力。
キー・コンピテンシー:
  1. 自立的に活動すること「生きる力」
  2. 社会的に異質な集団で交流すること
  3. 道具を相互作用的に用いること(読解リテラシー、数学リテラシー、科学リテラシー)
キャパシティー:(定義)個人・組織・社会が総体として、期待される役割を果たし、問題を解決する、目標を設定して達成する自立発展的な能力。

90年代の「援助国主導型」援助の反省から、途上国の政府・組織・人のオーナーシップに基づく問題解決、課題対処能力向上のプロセスを支援するのが、援助の中心的役割であるという、capacity developmentの議論が広がった。

Capacity to commit & engage
adapt & self-renew
balance diversity & coherence
relate & attract
carry out technical, service delivery & logistical tasks

知識経営論からの知のダイナミズム(野中郁次郎)
暗黙知:
言語・文章で表現するのが難しい主観的・身体的な知;特定の文脈で反復と経験によって具体化される思考スキル
形式知:
文章で表現できる客観的・理性的な知;特定の文脈に依存しない一般的な概念や論理

「形式知と暗黙知の連続系」としてのダイナミズム——> ドラッカーの「相互学習と協働へのドライブ」

松井「大学は知的コミュニティー形成の場」:

つまり、「知的好奇心」と「共に学ぶ態度」の共有から、相互の向上を目指すところ

4.私の実例、経験から

  1. GLCA, Teaching & Course-design 研修会(ワークショップ)(4泊5日、17-20人)
    ワークショップ方式、4〜5人のリーダーに13〜14人の参加者
    24大学のコンソーシアムから、教歴、年齢・性別、専門分野でさまざまな教員
    学生寮に泊まり込んで、終日、さまざまなアイデアを出し合い、経験を交換
    ミニ授業(5分)、ビデオ撮影、全体討論と小グループ・デイスカッション
    試験の仕方、プリント配布の配り方、喋り方、学生への質問の仕方
    学生の興味を持続させる方法、採点時の注意、学期中の教材の配分方法など
    年に2回、テーマ別のものもある(例、ジェンダー研究、国際研究、Black Studiesなど)
    参加は自由、希望者のみ。参加費用は、各大学がFD委員会から負担
  2. テイーム・テイーチング
    “Economic and Political Development of the Pacific Rim” with Prof. Maria C. Morgan、Earlham College
    2年間、秋学期に実施。学生は全学から、20名前後。
    完全に、両名が共同で実施。シラバス作り、教科書、参考文献、議論、論文の採点、成績評価も2人で合議して決定。準備は大変。FD委員会から準備のための費用が出た。
    時々、授業中に私とモーガン教授が学生の前で「論争」をした。
    私にとっても、とても勉強になった。研究のテーマも発見した。
    (日本の大学で行われる「オムニバス授業」ではありません。)
    その学期、開講科目数は一つ減るが、問題ない。
  3. 試験問題を授業時間中にグループで作らせる
    5〜6人の小グループに分けて、教科書の一定の範囲(すでに議論を終わった部分)を担当させる。各グループから2−3問、自由に作らせる。各グループに書記係とまとめ役を決めさせて、書記は、授業の終わりに作った問題を書いて出させる。
    翌週に、私が学生の作った問題を整理して、10〜15問、全員に配布し、試験の一部はその中から出ることを告げる。どれが出るかは分からない。
    中間試験の場合は、翌週の返却のとき、解答例をコピーして全員に配布。期末試験の一部は、中間試験の中から(ほとんど同じ問題や若干の変形問題)出すこともする。
    試験問題作りをする週は、前もって学生に告げておく。
  4. 完全無声授業
    授業の進行指示書を全員に配る。
    当日のテーマ、時間配分、小グループの作り方、書記、まとめ役を選ぶこと、それらの仕事、全体での報告の仕方、私への質問に仕方、などを指定。
    そして、当日は「松井は今日は声が出ません」と書く。
    グループごとに、歩いて質問を受けて、書いて答える。共通する質問には、黒板で答える。
    ——>この授業方式は、極めて有効。当日、眠る学生は0。質問は続々と出る。
    学生の当日の感想は、「今日はよく分った、面白かった」というのが圧倒的です。
    1学期にせいぜい2回。冬の風邪のシーズンに、マスクをしてやるのも良い。
    10数年前に、実際に声が出なくなり、その日、1日3科目にわたって完全無声授業を実施。その後は、年に1〜2回、「声なし授業」をやっています。
  5. 40人対40人(大規模)のデイベート
    3〜4週間前くらいから準備、テーマは学生に選ばせる。
    ProとConを選ばせて、論点を整理させておく。
    議長団を3−4人、手を挙げさせておく(または、私が指名)。
    双方から、あらかじめ3−5人の発表者、論争者を決めておく。
    論争になるような提示の仕方を学び、論駁者が双方から出てくるようにするが、出てこないときは教員が指名する。
    時間は30-40分程度で終結させて、最後にどちらのサイドの論点が受入れられたと判断するかは、議長団が相談して決める(議長団に決めさせる)。
  6. お絵描き、(文字を一切使わないで、イメージを伝える。10-12程度をコピーして、次週に発表させる)教科書の範囲を指定して、そこの中から感想、疑問、学んだことをイメージで表現させる。10-15程度を使わせる。
  7. 1992年、ソマリア飢饉の最中、全く新しい授業をデザイン。
    最初の5週間で、開発経済学の教科書と、アマーテイア・センの “Poverty and Famine” を読み終え(週3日)、残りの10週間でソマリアで何が起きているか、国連、米国国務省、カナダ、イギリスの雑誌社、新聞社、通信社と密接に連絡を取り、情報収集。学生5人。
    私も含め、論文集を作成。
  8. 小論文、報告、書評、カントリー・レポート、Ethnographic Report:
    最終締め切りは厳守。しかし、前もって提出すれば、何回でも添削する。
    講評して返却、書き直して提出させる。
    成績は最終版で。
  9. その他、 クラス(授業時間中)で教科書、副読本作り
  10. 3分間スピーチ,
  11. グループ発表、グループ・プロジェクト、Ethnic Interview Report
  12. 出席票の裏に、その日の授業の感想、質問、疑問、意見など何でも書かせ、翌週に答える。
FDの要:
学生に「自ら学ぶことは面白い」と思わせる、そういう感動、驚きを与える、経験させる。
そのために日常の授業を如何に工夫するか。
「学士課程教育」の真骨頂は、ここにある(松井)。

結局;

FDとは:
授業を学生中心とし、学生の学習成果を上げる、それを見える形にするあらゆる努力と、それらを進めるための大学としての組織的な取組み。

5.アーラム大学の仕組み

PDF (Professional Development Fund) という基金があって、教員も職員も、授業、学生生活の改善のためのプロジェクトを提案すると、年間$3,000までの自由に使えるお金がもらえた。Dean がPDF委員会と合議で審査して決定。

Teaching Consultant (教歴20年以上で、学内で学生に評判の教員が、2年交代で担当):教務担当副学長の直属となるが、独立して教員の相談に乗る。授業に出て、改善策を一緒に考えたり、シラバスの作成を手助けしてくれる。テニュアー審査直前の教員には、とてもありがたい存在。2年間、担当科目負担は半分になる。

テニュアー審査や2年審査、5年審査の教員評価には、在学生、卒業生、他学部、多学科からの教員が参加して委員会を形成。町の関係者からの推薦書も有効。

テニュアー審査に通るまでは、2年審査で、これに通らないと次年度の契約はない。テニュアーをとると(准教授に昇格)、以後は5年審査で、これは改善評価で、知的な活発さ(Activeness)と授業の (Effectiveness) が重視される。

新しい教材の開発や使い方、新しい科目の開発に、教員が自発的に取り組むときに、PDFから資金を提供する。

Faculty Evaluation(Earlham College)
  1. Teaching Effectiveness
  2. Intellectual Activeness
  3. Community Contribution
  4. Congruency
Cf.:多くのResearch Institutionの教員評価の基準:(大学によって、これらの比率が異なる。)
  1. Publication
  2. Classroom Teaching
  3. Contribution to University Community
「これは大学の授業だから、皆が喋りなさい。」(松井)
  1. そのためには、シラバスにある通り、reading assignmentを読んでくる。
  2. 発表者、報告者のあるときは、準備してくる。
  3. 討論者(予定されていても、いなくても)は準備してくる。疑問を出し合う。
  4. 宿題を提出する。
  5. 教員は、前回の宿題、採点し、コメントしたものを返却し、講評する。
  6. 新しい宿題を出す。
  7. スピーチや小論文のテーマを書いて出させる。
  8. 成績は、学生が自分で決めるもの。
  9. 質問した人は、儲ける、得する、忘れない、理解が深まる。
    (翌週、確認してから質問する ——> 忘れてしまい、2度としない。「今という時は、2度とない。」

6.ご参考に

松井範惇『リベラル教育とアメリカの大学』ふくろう出版、2004
「アメリカの大学教科書」『大学出版』No.62,2004年9月「内側からみたアメリカの大学1教科書と教材:多彩な教科書がなぜ次々と開発されるのか」『カレッジマネジメント』No. 126, May-Jun. 2004,
「内側からみたアメリカの大学2シラバスの役割:良い授業はシラバスで決まる」『カレッジマネジメント』No. 127, Jul-Aug. 2004
「内側からみたアメリカの大学3教員採用とテニュア審査:そこにかける莫大な労力と努力を惜しまない」『カレッジマネジメント』No. 128, Sep.-Oct. 2004
「アメリカの大学アドミッションとアドミッション・オフィサーの新しい課題」『大学評価・学位研究』第10号、2009年12月
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/renai/20070713us41.htm

[第一回FDフォーラム] 2011.6.27[00:00]